媚薬講座

「媚薬ってどうよ?」って思われている貴方に
媚薬フェチ管理人が媚薬の捉え方、使用について説明します。

誰でも、どんな女性でも媚薬を使えばヨダレを垂らして股を開くのか?
と勘違いしている方は、3分程度お付き合いして読み進めて下さいね。
液体媚薬一滴

媚薬は夫婦(カップル)のナイトライフを盛り上げるためや
性機能障害に悩む男女が使用するために元々作られてきました。

媚薬とは?

主に性的興奮を高める作用を持つ薬の総称で、歴史は古く精力の付く薬や
ハーブが世界中の至るところでごく一般的に用いられていました。

(Wikipediaより抜枠)

国内で市販されている媚薬は、使い方を誤らなければ副作用等起こさないようになっています。
「使い方を謝る」とは、例えば強いお酒を一気に飲んではいけないと言う事で解りますね。

液体タイプやクリーム状の媚薬を多く吸収すれば
人がお酒を飲めば飲むほど酔いがまわるのと同じように、
媚薬を過剰摂取すれば体が重くなりグッタリしてしまうこともあります。

「あの媚薬ってどうよ?」とか効果ある?とか無いとか・・・。
意見が様々になって、本当のところどうなの?と思いますよね。(2chとかでw)

ですが媚薬は清涼飲料水とか健康食品の部類に入るので
ここでは、どっちとも言えませんが意見の相違には「個人差」があるということなんです。

お酒を飲んでも個人差はあるし、サプリメントも同じことが言えませんか?

当サイトのように情報をネットに公開している場合は「薬事法」というのがあって
景品表示法や健康増進法に関する表現で媚薬を効能や効果で表現すると処罰対象になります。

ですから、ここでは媚薬の効果の話ではなく
媚薬を使うなら、「媚薬を使用する時の心構え」の話をします。

その前に媚薬を危険ドラッグのようなものと思われている方はこちら
媚薬≠危険ドラッグ

媚薬を使用する時の心構えとは?

相手の受け入れ態勢ができていないと駄目です。
(股を開くという意味ではありません。)

少しでも脈があり、貴方に男を感じていれば媚薬は貴方の
望みを叶えてくれると言えるでしょう。

2chや知恵袋で「うまく行った」とか「相席居酒屋で成功した」とかの話の場合、
既にナンパしてお酒や会話で、相手は身を許しているからなんです。

逆に・・・。
相手が端からその気がなければ?
こちらのサンプル動画で、2人目に出てくる女性をご覧になって下さい。

「いいかげんにしろ!」と足で跳ね除けてますよね?(笑)

このように、雰囲気作りも十分でキツ目の媚薬を、過剰なほど吸収させていても
受け入れ態勢がない、その気も無ければ媚薬も理性には勝てない事があります。

媚薬を使うなら貴男も男でなければなりません。
媚薬を使ったなら、今度は貴男が男性ホルモンを活性化。

貴男も男としてフェロモンを出すんです。

ギンギンになった貴男のチ●コを魅せつけるように
本能で女性に応えてあげて下さい。
(本当に露出することでは、ありませんよw)
ギンギンになったチ●コ

草食男子とか、肉食女子とか言っていても
女性は、やっぱり男らしい男が良いのです。

これは生まれ持つ「本能」ですからね。
フェロモンというのは匂いでもなく本能で感じるんです。

これについては最近、女性の媚薬購入者が急増中で
本能的に求めている傾向の現れではないでしょうか。

実質、ペニスサイズが大きい方や外国人ではイタリア人に
フェロモンが多いと言われています。

昨今のペニス増大サプリやクリームにも
媚薬と同じ成分が含まれるものも多いです。

「媚薬なんてウソだ!あんなの演技だよ・・・。」と仰る方は
それはAV動画の見過ぎで、危険ドラッグと同じ捉え方をしていると思います…。

AV動画が膨大・ウソの表現のように見えてしまっているのは
そのくらいやらないとユーザーの目を引くことができないからで
かなりの量を使用していますし、動画としての商品の魅力を伝え難いからなんです。

なにより、媚薬ではなく「その淫乱になった様」が売りですからね。

当サイトでもアダルト動画の撮影用に作られた
媚薬を紹介していますが、こちらはクリームタイプ。

潮吹き@クリーム媚薬【美人射潮(ビジンシャチョウ)】


いざという時、マ●コに塗らなくてはですから
状況に合わせて媚薬を携帯したほうが良いかもしれません。

管理人の僕が調査した売れ筋の媚薬も紹介しています。

媚薬ランキング

まとめ。

女性でも、貴男でも大事なのはホルモンバランス。
媚薬は解りやすく言うとホルモン活性に開発されます。

ホルモンが活性化されると女性なら母性愛が強くなる。
ということは、子供がほしいという行動を取りたくなる。

男性もホルモンが活性化されると、より男らしくなり
ヒトフェロモンというモノを放ちます。

このヒトフェロモンはオスモフェロンとも言い
愛のホルモンそのものなんですね。

使用目的は違いますが媚薬に使われる成分で実際、
東大医学部の研究チームが実証したモノもあるくらいです。
http://www.terap.info/store/メンタルヘルス/35.html

日頃からホルモンの働きを良くして、女性は女らしく
男性は男らしくフェロモンを漂わせ魅力を引き出せるよう心がけましょう。

そこに媚薬が加われば、あなたの願望も叶うと言えるでしょうし
信じられない又疑った状態で使用し、ただ待っているだけでは相手も理性で心を開きません。

以上が媚薬を使用する際の心構えやコツになります。

TOPページヘhttps://biyaku.fetizo.com/entry
媚薬レビューhttps://biyaku.fetizo.com/entry/category/biyakureview
媚薬の効能や成分https://biyaku.fetizo.com/entry/category/biyakuseibunn

記事内容は媚薬フェチ管理人の個人的見解、経験を基にしたものです。